HOME>武術研究会

稽古記録28

東雲道場 第三十六回研究会 2016.11.27

・手指の力を抜いて柄を持ち、両手の中指薬指と小指球の間のシーソーを感じながら剣を上げ下ろしする
 身体を中心から伸ばして剣を浮かせ、頂点で肩の力を抜いてずらし、後頚部でバランスを取りながら丹田と繋がる位置に下ろす

・後頭部を決めて、肩甲骨を弛め、骨盤を自在に動かせる状態を保ち、体幹の動きを上肢に伝達する
 頭部が決まっているからこそ、それ以外の場所を自由に動かすことができ、力をぶつからずに行き来させられるように感じた

・下段で相手の眉間に物打ちを付けたまま、雷刀に構えた相手の手首に刃筋を沿わせるように捩り込む
 意識を相手の手前で止めずに、刃筋が相手の向こう側まで通っていくように、立て替えるタイミングと間合いを一致させて前に進む

・相手の小手に物打ちを付けて上肢を保ったまま、体幹の力を抜き、背骨を柔らかく使う
 脊柱を上ってきた動きが、胸椎の攻めによって前方に向かう力に転換され、壇中の内側から相手に伝わる感覚を得られた

・城郭勢から剣を立てて、相手が振り下ろした雷刀に付け、身体を伸ばして相手を浮かせ、股関節の回旋で相手を崩す
 上に伸び上がるのではなく、下方に重みを落として、丹田を中心に上下に引き分ける

・雷刀や青岸に構えたところから、相手の打ち込みに応じてら前後上下左右斜めに切り替える
 どこを攻められても最小限の動きで相手の太刀を受けられ、それ自体を相手に対する攻めとして繋げて行けることを学んだ

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/766-4964be09

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】