HOME>武術研究会

稽古記録29

東雲道場 第三十七回研究会 2016.12.11

・息を吸って剣を上げたところから、肩の力を抜き、剣の落下に任せて振り下ろす
 狙う高さに応じて股関節を折り畳み、脊柱を伸ばしたままお辞儀する

・相手の人中路から自分の中心を外し、どんでん返しのように体幹の向きを変えて攻める
 相手に意識を付けたまま、足の横幅の分だけ外に踏み出すことで相手の振り下ろした剣をかわし、相手の意志を通させて意図を外す

・雷刀に構えた相手の小手に付けて、相手の中心をずらし、その瞬間を逃さずに進む
 両側の股関節を引き分けながら、体幹を捻らずに回旋することで、引きと攻めを相手に伝えてずらす
 自分から接点で押さえにいこうとせず、落として当たったときや、擦って止まったときに、相手や剣の都合に応じて動く

・青岸の構えで、刃筋の向きと呼吸に伴う伸びが、相手の中心に伝わる姿勢を観察する
 合う位置に構えられたときには、そのまま伸びを伝えるだけで刃筋に沿って相手が崩れ、抵抗を感じること無く動くことが出来た

・青岸で向き合ったところから、後方から吹いてくる風に合わせるように背中から攻める
 物打ちの向こう側に相手の首元を見通し、刀で意識を止めずに相手の中心に向かって進む

・柄を持つ両手を引き分けるように絞り、肘の力を抜くことで、手首を決めたまま手の内を弛められることを感じた
 肩や肘の力を抜いたまま前腕後面で攻め、相手に入った状態を保ちながら丹田から動いて崩す

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/770-07b0dec9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】