HOME>呼吸動作研究会

呼吸で骨盤を転がす

呼吸動作研究会 2017.01.22

・腰の下に座布団を入れて腹側を伸ばしたまま、呼吸で骨盤が動く様子を観察する
 息を吸ったときの丹田の感覚が途切れていないかを常に意識しながら、脱力して動く

・仰臥位で両側の踵を合わせると、腹部への吸息によって両足の間の圧力が高まり、下肢が伸びることを感じられた
 膝を寄せずに、下肢内側の張りを高めて、体幹の中央に息を吸い上げる

・脚を上げようとして引き寄せるのではなく、空気の移動に伴う骨盤の転がりで下肢を浮かす
 骨盤を捻らずに、頂点でのズレによって脚を側方に傾け、その重みで体幹を回旋する

・丹田からの繋がりで、畳の上に手を滑らせ、身体の周りを一周させる
 上肢の位置が下肢や頭部の重みと釣り合いながら、全体としてのバランスを取りながら変わっていく状態を体験できた

・腹筋を縮めずに骨盤を丸めることで、背骨へ順に力が伝わり、バランスで頭が上がることを体感した
 左右の肩甲骨を寄せることで下方から上がってきた力が肋骨の内部を通り、頭部まで伝えられることを感じた

・眼球を動かしたり、焦点を合わせたりして、眼窩の内部の緊張や弛緩に目を向ける
 姿勢や呼吸や後頭下筋など着眼点を変えることで、どこからでも繋がりを広げていけることを感じられた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/780-30248727

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】