HOME>呼吸法中心塾

五感の尺度

バランス☆運動療法初級 2017.02.11

先日の中心塾では、開始して直ぐに、修験道の先生が息子のアトピーをみてくださいました。
身体を水晶などの道具や地面と繋げて、周りの気の流れを動かされているように見えました。
修験道の先生のエネルギーの伝わり方や、それに息子の身体が反応し、動きや重みがどんどん変化していくことに驚きました。
紙の上に名前を書いて、本人とイメージを同調させて触れることで、心身の状態をスキャンできることも教えてくださいました。
触れた場所や意識した言葉によって、吸い込まれる感覚や弾き返される感覚が生まれることを不思議に思いました。

それから、K野先生の治療を受けさせて頂きました。
触れて頂いて胸部や腕が固まっていたことを自覚し、弛んでいくと呼吸が楽に入ることを実感しました。
足の調整から肩の力が抜けたり、体幹のバランスから視界の広さが変わったりと、様々な場所に反応が現れることを感じられました。
施術後には、地面にしっかり足が着いている感覚を得られ、身体が伸びて軽く動けるようになりました。
近くに居る息子と紙に書いた名前でも、遠くにある月と足元の地球でも、それが自分の実感と結び付いていれば、その関係性を反映できることを体験しました。

今回も、治療を受けたり見せて頂く中で、驚くべき体験を沢山できました。
中心塾に参加し始めた頃は、K野先生に「こうすれば楽に呼吸が入るけど、こうだと入らない」といった説明を受けても、ほとんど実感できていませんでした。
それだけ、自分自身の身体にとって楽なのか苦なのかを感じる尺度が荒かったのだと思います。
稽古に参加したり、自分で検証する中で、微妙と思われる差が、大きな違いとして現れることに気付かせて頂いています。
今回は特に、自分の五感の尺度の広さを自覚し、気の流れや香りや色と言った変化に、もっと敏感でありたいと思いました。

K野先生、今回も施術を通して多くのことに気付かせてくださり、本当にありがとうございました。
修験道の先生、得難い体験をさせてくださり、子供の身体までみてくださり、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/783-17e5b8fd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】