HOME>武術研究会

身体の伸びと丹田の向き

東雲道場 第三十九回研究会 2017.02.12

・下から吸い上げて内部を臨界まで伸ばし、軸を縮めずに丹田と合う位置に刀を下ろす
 両手と柄が一つになるように絞り、手首を決めたまま、肩の力を抜いて刀の落下に任せると、自然に肚の前で止まることを感じられた

・物打ちを相手に付けたまま、中央での伸びや細い軸での回旋を滞りなく刀に伝えられると、最短距離で相手に向かえることを学んだ
 刀で攻めるのではなく、目線や意識で先導しながら中心から動き、その現れとして刀が動くように発想を変える必要を感じた

・城郭勢で付けたら、内部の伸びによって相手の軸をこっそりずらし、相手の後方を大きく回るような力の軌道をイメージして剣を下ろす
 接点で付けたまま、後側の股関節で引きながら前側で攻め、軸をぶらさずに骨盤を立て替える

・逆の城郭勢で間合いを詰め、相手が振り下ろした剣を右手で止めたまま、左手で攻める
 相手の振り下ろす重みが自分の丹田に落ちるバランスで柄頭に手掌を当て、吸い込んで返す

・相手の攻めに対して、伸びていく方向と丹田の向きが合うように踏み込み、受けながら返す
 脚を狙ってきた相手の刀を、下肢を浮かせて避けることも出来るように、重心を乗せ替えられるバランスで足を着く
 お互いが明確な狙いを持って、中心から動いているからこそ、剣術の型のやり取りが成立していることを実感した

・刀を相手の中心に焦点が集まる角度に合わせられると、力を入れなくても楽に相手を崩せることを体感した
 お互いの刀が接した瞬間に相手の意識に付けて崩せるように、常に繋がったバランスで刀を振れるように稽古していく必要性を感じた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/784-6bfdbe5e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】