HOME>合気観照塾

内部の働きによる先導

合気観照塾 2017.03.04

手の内を柔らかくして肘を弛め、腹側から上肢尺側を伸ばして刀を上げる

浮かせた手の位置を残したまま、肩の力を抜いて重みを落とす

ずらした所から、丹田に集まっていく動きを手指まで繋げて剣を下ろす

接点で一致させた状態で生まれた刃筋に合わせて、たすき掛けで体幹を脱力する

体幹の弛んでいくラインに沿って肋骨や胸骨を内部から操作し、相手を遠隔で誘導する

肩の力が抜け、体幹が自由に動かせるバランスになるように頚の位置を決める

体幹を締めて身体を全方向に張り、後ろから抱えてきた相手との間の緩みを取る

ロッキングチェアで重心を自分と相手の間に落とし、お互いを一体としてバランスを変える

内部で起こっている呼吸と共に伸びていく働きや弛んでいく働きの現れとして、外見の刀や身体の動きが生まれていることを学んだ

内部の働きによる先導があるからこそ、先に重みを落としておくことで、相手の後から刀を振り下ろしても中心を取れることを体感した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/788-bbc2f671

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】