HOME>合気観照塾

柔らかい刀

合気観照塾 2017.03.11

正座位で物打ちを畳に下ろし、呼吸で刀が浮くバランスを観察する

息を中心で吸い上げて下方から身体を締め、軸を立てる

両手を引き分け、手の内の引きと攻めが起こり、圧の移り変わりが伝わるように柔らかく持つ

浮かせたまま、先に内部の重みを落として、それに付いて刀を振り下ろす

固いように思える刀にも、呼吸の行き来が柔らかく剣先まで伝わっていく様子を感じられた

呼吸の深さや細さや緩急によって、剣を介して相手に伝わる力の強さや鋭さや早さが反映される

自分が力を抜くことで、物打ちを掴む相手の手の内のバランスを変えずに刀を持つ

釣りで竿を通して水中の様子を伺うように、刀を介した接点から相手の中心に付ける

体幹を捻らずに斜め上の頂点に吸い上げ、体内を斜めに通る経路を繋げて落とす

相手の反応によって浮かせられる位置が変わり、それによって落ちる位置も決まる

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/790-1d8366ce

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】