HOME>合気観照塾

肋骨と手

合気観照塾 2017.03.18

手刀を相手の背骨に当てて臨界まで緩みを取り、相手の向こう側まで透す

後頭部を引いて頚を伸ばし、自分の上肢の撓みを取り、丹田の動きを損なわないように伝える

刀の棟が上がっていく軌道や、刃が下りていく軌道を丁寧に追う

力を抜いたときに生まれた刃筋に合わせて、先に重みを落とす

身体を捻らずに、左右の肋骨が分離して落ちる落差や時間差によって、斜めに斬り下ろす

鼠径部を深めて骨盤を立て替え、身体の外側をぶらさずに、力の行き来を内側で処理する

肋骨一本ずつの上げ下げを手と一致させることで、肋骨にも合気上げの手と同様の動きが表れているように感じた

両側の肺の配分や膨らませる面の違いが、相手に伝わる力に反映されていることを感じられた

接点での相手の圧に合わせて左右それぞれで脱力し、そのバランスのまま中央で締めて一つにする

片手でも、反対側からの寄せや先導によって、中心の感覚を保ったまま動く

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/791-b4ec6c68

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】