HOME>合気観照塾

同調して崩す

合気観照塾 2017.04.08

今回の観照塾は、私が進行を担当させて頂きました。

呼吸で動ける範囲で揺れ、徐々に振れ幅を広くして、「ロッキングチェア」や「鳥と亀」で相手と同調できるかを確認しました。
そして、立位の相手の股関節に手を当て、鳥の動きで股関節を擦って転ばせました。
相手の臀部の丸みに沿って吸い込み、その流れのまま骨盤の反る丸める動きを手に反映できると、相手が崩れる方向へ誘導できました。
その際、相手の頭よりも高くまで吸い上げて浮かせ、意識を相手の向こう側まで透すことで、力が手前で止まらずに伝わっていくことを学びました。
動きの誘導を身体で留めずに、意識の広がりや意念の働きを活かすことによって、自分の中心を保ったまま相手のバランスを臨界まで崩せることを実感しました。

それから、立位で前から手を持ってもらい、合気斬りや合気落としを行ないました。
丸めて吸い込み、鼠径部を深めて第五腰椎が決まる方向に骨盤が動くと、その力が脊柱を上っていくことを感じました。
頚まで息を吸い上げられると相手が浮き、吊ったまま肩の力を抜くことで、腕と相手の重みを落とせることを体感しました。
肘が落ち、薬指が利くバランスで手を張れると、体幹を上がってきた力が、相手を浮かせる働きとして滞りなく伝わることを感じられました。
固まっている場所があったり、動きの起点が違うと、技が掛からなくなることを身をもって体験しました。
形に囚われずに、常に相手との関係性の中で自分の内部の動きに目を向けていく大切さを実感しました。

順に技を受けて頂く中で、抜けている部分を色々と指摘して頂き、それを変えることで掛かるようになることを体験でき、私自身がとても勉強になりました。
貴重な機会をくださったK野先生、温かくお相手をしてくださいました皆様、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/795-1aa301e7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】