HOME>武術研究会

最速で重みを落とす

東雲道場 第四十一回研究会 2017.04.29

仰臥位で大腿部を立てて膝を伸ばしたところから、腹筋を縮めず、後頚部を伸ばしたまま、膝の力を抜ける位置を探る

雷刀での剣の落ちる位置と同様に、繋げたまま弛められるバランスで脱力することで、最速で脚の重みを落とす

雷刀に構えて丹田に重みを下ろし、いつどちらから攻められても下ろせる状態で、相手の初動を待つ

剣の落下に沿って腕を下ろし、立ち位置を変えずに下肢を曲げて、そのまま折り敷く

撥草で相手の首筋から斜めに通るラインに付け、体幹を捻らずたすきで下ろして、対側の股関節に乗せる

相手の動きを観ながら同じように動いても、相手の意図を外しながら常に上太刀を取れることを体験した

相手と手掌を合わせたところから、息を吸って手背側にも意識を広げ、相手の頚まで繋げて接点の緩みを取る

接点を留めたまま弛めることで、相手との関係性を保ったまま体幹のバランスが変化し、骨盤の向きが変わる

股関節の照準を合わせたまま、重みの落下に任せて、中心から手を引いてくる

相手に抱いている先入観や自分の動かそうとする欲が生まれると、力が入って却って動かなくなることを実感した

呼吸で剣を浮かせ、横隔膜で高度を維持したまま、不必要な力を抜いて中を弛める

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/800-1749fe12

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】