HOME>治療

芯・全体視

呼吸を観察していると、空気の出入りと同調して、全身の皮膚を同時に意識できるような感覚が得られることがあります。
そうした姿勢で内部に目を向けると、身体の中央を貫く芯のような感覚があることに気付きます。
芯を締めると外側への張りが生まれ、芯で気圧を上下すると腕や脚が動き、芯を回旋すると立て替えが起こります。
周りの骨や筋は、それに付いてバランスを変えたり、伸び縮みしているようなイメージを持っています。
身体のどこかに緊張や捻れがあると、そこで繋がりが途切れて、呼吸が伝わりにくくなります。
最近は、芯の操作だけで、身体を自由に動かせることを目標として稽古に取り組んでいます。

施術のときも、自分の姿勢を、呼吸で吸ったり吐いたりする動きが、全身に伝わるバランスを取れるよう心掛けています。
右手と左手それぞれから一体に近付くバランスで両手を張り、相手の全体を同時に意識できる姿勢に近付けます。
お互いが一体となった状態では、自分の中心の動きが、そのまま全体に反映されることを感じられます。

以前は、施術をするときに、特定の経絡を繋げようとする意識が強くありましたが、一体となる方向へずらすだけで反応が起こることを実感しています。
経絡には表裏があり、全体が平になるように近付くと、意識しなくても繋がっていくのではないかと考えています。
水がどんな形の容器にも納まるように、変化した形状に合わせる働きが起こり、身体のバランスが変わっていくことを感じます。
ほんのわずかなズレからでも、内側ではそれに応じた動きが起こって中央へ戻っていくことを実感します。
どこか一ヶ所で意識が止まった途端に、そうした感覚が無くなってしまうことを感じます。

一体全体、どうしてそうなるのかは分かりませんが、一つの体感から感覚が大きく変わることがあります。
患者さんとの一体感を大切に、施術に向き合っていきたいと思います。

飛行機雲

参照1:芯めとり
参照2:中心蔵
参照3:位置・軸

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/801-0dbce7d0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】