HOME>呼吸法中心塾

働きが高まる下肢の経絡

バランス☆運動療法初級 2017.05.13

今月の中心塾でも、K野先生がメンバーの身体を順に診てくださいました。

仰臥位では、後頭部に竹枕を入れ、股関節が寄るように下肢にベルトを巻いて施術してくださいました。
左右それぞれから緩みを取って頂き、下肢内側の経路が体幹の中央から脳へと繋がっていく状態を体感できました。
内部の弛んで戻っていく働きと共に、下肢の経絡のバランスも刻々と変わり、踵まで伸びていく様子を感じられました。
身体が繋がるバランスにあると、足部の動きがそのまま首に反映されることを感じました。
経絡のバランスが取れる方向に身体の内側へアプローチしていくことで、外側の偏りが整っていくことを実感できました。
鼠径部と腋窩の釣り合いや肘の位置と下肢の浮きなど、身体が繋がって動く状態を体感させて頂きました。

それから、合気体操のペンギンで一つずつの脊椎を意識しながら体幹を起こし、中心が伸びたところで肩や首の力を抜いて重みを落としました。
呼吸の吸い上げに伴って上半身が起き上がり、働きが高まる下肢の経絡も切り替わっていく様子を感じられました。
外枠の持ち上げようとする力が抜け、軸の伸びによって身体が立ち上がると、自然に首が伸びて頭が良い位置に納まっていくことを感じられました。

その後、K野先生が居合いの動作を見せてくださいました。
両脚の内側から高まってきた力が中央に集まり、そのまま刀の刃になったような印象を持ちました。
両側の下肢内側のやり取りと刃筋が常に一致していることを感じられ、剣術の動きが腕の力に因るものでないことを実感しました。
また、短刀を片手で持っていても、両手持ちと同様に中心の動きが全体に伝わり、対側の腕とのバランスで動作が起こることを学びました。

一本ずつの経路をきちんと鑑別しながら観ることで、曖昧にしていた下肢の使い方がイメージしやすくなり、動作の捉え方がガラリと変わりました。
この感覚をもって改めて動作を見直していきたいと思います。
K野先生、今月も身体を観察する楽しさを伝えてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/803-2164dfd7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】