HOME>合気観照塾

伸びる一点

合気観照塾 2017.05.27

鼠径部が深まる方向に片側の腎経を引いて保障し、脾経が伸びる一点の角度で対側の膝を曲げる

横隔膜を浮かせたまま中を伸ばして下肢を吊ることで、体幹を回旋せずに片側に重みを落とす

中指で相手の瘂門を指し、吸い上げに伴うバランスの変化で相手を浮かせて、後頚部で吊ったままにする

息を吸って剣を抜き、股関節や肩を通る斜めのラインで中を伸ばして抜刀することで、相手を転ばせる

労宮で吸い込みながら母指と小指の引きと攻めで手の内を変化させ、相手との間の張力が保たれるバランスへ誘導し続ける

相手の腕を回旋しながら手首を決めて手指を伸展し、臨界まで頚までの経路の緩みを取ることで、固める技にも弛める施術にもなることを体験した

頚を立てて肚を引き上げ、軸が伸びた姿勢にあると、相手の重みを受けずに上肢を浮かせたまま動けることを感じた

外枠を脱力したまま、下肢内側の動きを中心に繋げることで、力が相手の内を通っていくことを体感した

相手と触れているあらゆる接点を馴染ませ、お互いが一致した状態で、自分が固まらずに伸びていける経路で動く

途中で固まっても、五分のままで力を抜いて、変化したバランスに合わせて力を通すことで、新たな通り道を辿る

ほとんど外見が動いていなくても、動いているときと同様に転ばされ、内部の力の伝達によって技が掛かるかどうかが決まることを実感できた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/807-367a1443

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】