HOME>武術研究会

股関節の鍬え込みと刃筋

東雲道場 第四十三回研究会 2017.06.11

吸息に伴う両手の変化が伝わって刀が動き始め、そのまま中央で吸い上げて腹側が伸びていくと刀が上がる

呼吸によって皮膚の外側の空間に広がる感覚が、持っている剣も含めて生じる状態を体感できた

柄を握らず、両手の手の内でキャッチボールをして、刀のバランスの変化によって伝わる感覚を受け取り続ける

両手持ちでの左右の腕の働きを、一側の手の内の引きと攻めによって同様に行ない、二刀を振る

刀の軌道を感じながら、常に下肢内側の繋がりが途切れないように動いて、股関節で行き先を先導する

骨盤や肋骨の3時9時で照準が合う位置まで弛め、肩の力が抜けるバランスで、対側の股関節を通ってきた力を伝える

七刀で、回旋したときの股関節の鍬え込みの深さによって、刀の刃筋を正中にも袈裟にも変えられることを体感した

相手の人中路を踏むように足を入れ替え、仙腸関節の幅で立て替えて刀を回す

青岸で相手の中心に伝わるバランスに構えられると、そのまま腕を下ろすだけで下肢の内側を狙う相手の刀を捍ぐ身勢にもなる

軸を立てたまま上肢と下肢の陰経が連動して働く基準があるからこそ、身勢が変わり続けても繋がりが途切れることなく動けることを感じられた

「斬る」のではなく、相手の中心に付け、最短の経路を辿った結果として、「斬れる」ように動く

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/812-e26116e5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】