HOME>合気観照塾

中心から少しずらす

合気観照塾 2017.06.17

骨盤の12時6時と手部の引きと攻めを繋げて相手を崩し、3時9時の伸びを伝えて転ばせる

相手の手刀を受け、相手の中心に伝わる角度に刃筋を合わせて、下肢内側の切り返しで引く

接点で五分に保ったまま力を抜き続けることで、相手がバランスを保てるギリギリのラインを辿って転ばせる

臀部を上げて恥骨を寄せ、骨盤を締めたまま、下肢内側の動きを損なわずに相手に伝える

手背を相手の肩に当て、押さずに皮膚のずれる範囲で骨盤から緩みを取り続け、相手を転ばせる

接点を留めたまま、先に反対側の骨盤を後方から前方へ回転させ、時間差で同側の骨盤の動きを起こす

手を当てている場所だけで意識を止めず、相手の全身を通り抜ける補助線を引いて、そこに力を通す

両手の手の内で接点の緩みを取って中心を作り、そこを動かすことで相手のバランスを動かす

浅すぎることも行き過ぎることもなく、中心から少しずらした丁度良い位置に合うと、相手の反発を受けることなく落とせることを体感した

下肢内側の経路を変えながら、手の位置を操作し、方向を切り替えても常に張りが抜けないように保つ

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/813-80b482d9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】