HOME>呼吸法中心塾

吸って弛むタイミング

バランス☆運動療法初級 2017.07.08

昨日の初級講座では、K野先生が足部からと頭部からの全身調整を施してくださいました。
足部に触れたところから、ほとんど動いていないように見えても、一手ごとに脚の上がりかたや頚との連動が変わっていくことを体感させてくださいました。
両脚の緩みを足底を胸部に当てて取って頂くと、体幹の内側で、細やかに付けたり入れたり抜いたりされている様子を感じられ、手で操作するのではないことを実感しました。
頭や顔に手を当てて皮膚をずらすくらいの柔らかい圧でも、緩みが取れて中が動くと、腕や脚が浮き上がるくらいの連動が起こることに驚きました。
頭部を浮かせて回転してもらうと、脊椎が柔らかく動き、個々が分離しながら繋がっている状態を感じられました。
立ってみると、背骨が伸びて頚や肩の位置が変わり、身体の軽さを実感できました。

それから、ペアに分かれてお互いに施術を行ないました。
自分の軸を立てて、相手の身体に触れ、手部の引きと攻めで緩みを取りました。
足関節や頭部や肩甲骨など、形や可動性や重さが場所によって変わっても、それに合わせて繋げられるように手の当て方を工夫していく必要性を感じました。
相手の呼吸をみながら、吸って弛むタイミングを逃さずにバランスの変化に付いていくことで、呼息に伴う脱力によって繋がって伸びていくことを体験しました。
中心での呼吸の吸い上げと共に、鼠径部が引き寄せられ、それに付いて脚が浮き上がるように、自分自身で体感した身体の繋がりがそのまま施術となることを指導してくださいました。
そうした連動を誘導するために、お互いの身体が繋がるポジションを取り、「折れない脚」になるバランスに導くことが大切であるように感じました。

この頃、最初に参加させて頂いた頃から、惜しみなく全てを見せてくださり、教えてくださっているということを実感することが多くあります。
しっかり身に付けられるよう、精進していきます。
K野先生、お相手くださいました皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/817-aba076ea

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】