HOME>合気観照塾

根っこからバランスを崩す

合気観照塾 2017.07.08

掴まれた襟元と、手刀を受けた頭部の両方から、相手に入っていくように息を吸って芯を伸ばす

相手と一体になったバランスで、外枠を保ったまま肩の力を抜いて、股関節が自由に動かせる状態にする

胸骨を内側から膨らませて緩みを取り、股関節で肋骨の内部を細く回旋させて、相手を転ばせる

相手の重みを身体の内部を通して下方へ下ろし、接地面から吸い上げて相手の根っこからバランスを崩す

剣術の相掛けと同様の伸びで、腕を伸ばして相手の手刀を受け、触れた瞬間から相手を浮かす

肘の力を抜いて仙骨と手を一致させ、仙骨の動きが直接、相手に伝わるバランスとなるように吸い込む

上肢の力を抜いているつもりでも、骨盤の傾きや頭部の位置や腕の角度を変えることで、まだまだ抜けていないことを体感させて頂いた

相手の負荷を利用して、上肢を脱力しながら下肢内側を充実させ、全身の引きと攻めを作る

左右の股関節からそれぞれの手の動きを操作し、浮きの高度や誘導する方向を時間差で伝えて相手を転ばせる

中心の軸を伸ばし、頭部の高さを保ちながら丹田に吸い込み、外向きの力と内向きの力を身体で交流させる

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/818-5a2bb749

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】