HOME>合気観照塾

体内の釣り合い

肩を掴んできた相手に対して、接点の位置を変えずに、相手の中心に照準を合わせたまま脱力する

肩から丹田までの経路だけを意識するのではなく、肘から先の力も抜けることで、初めて吸い込みが起こる

同側の股関節を弛めて重みを下方に下ろし、高まった反対側の下肢内側の張りを、体幹内部で斜めに通して相手に返す

労宮から吸い込めると、自然に手首が決まり、相手の重みを支えることなく、接点を止めたまま自由に動けることを感じられた

接点で相手の中の動きを感じ取りながら、それに付いていくように自分の中を動かす

相手の上着の袖と襟を掴んで浮かせ、引き手と釣り手の間の張りがたわまないように、体内の釣り合いを保つ

接地面の圧の変化を感じながら、相手の不安定なバランスにただ付いていくだけで、相手が勝手に転んでいくことを体感した

骨盤の動きを指先まで柔らかく伝え、中指の先から伸びていく力が、相手の瘂門に向かうように仰ぐ

相手を通り抜けた遠くの一点まで空間を広げ、意識を手前で止めずに、相手を通過点にする

嶺から谷まで通されているときは、落とされる前から落差を感じられ、動きとして表れる以前から技が決まっていることを実感した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/822-a74da657

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】