HOME>呼吸動作研究会

身体の可能性を広げる

呼吸動作研究会 2017.07.23

今月の研究会では、前半はKMさんが担当してくださいました。

最初に、今回のテーマである「でんでん太鼓」の動きを確認しました。
それから、腰の下に座布団を入れて、呼吸によって骨盤を転がしました。
骨盤の傾きと共に鼠径部が深くなって、腹筋が伸び、頚まで繋がって動くことを確認しました。

同様の動きを、側臥位で観察しました。
体幹の下に枕を挟んで圧の変化を受け取ることで、呼吸に伴う転がりが骨盤や脇の下にも伝わっていく様子が感じられました。
力を抜いて呼吸に任せることで、鼠径部が深まる方向に骨盤が傾いて脚が滑り、寄ったまま元の位置に戻っていくことを体感させて頂きました。
そうした連動が伝わるバランスを取るために、最初のポジショニングがいかに大切であるかを学びました。

再び仰臥位になり、吸息に伴う肩甲骨の寄りによって、肘を張る力が伝わって背部が浮き、頚が伸びる様子を観察しました。
それから、中央での吸い上げによって腕を浮かせ、上がったところで弛めて、末梢に伝えた力を中枢に集めていくことで腕を下ろしました。
仰臥位でも、立位と同様に内部の力の行き来によって、手の動きを誘導でき、元の位置に落とせることを体感しました。
「天地人の串刺し」や「六方円」、刀の上げ下ろしなど、どれも同じ原理で起こっていることを実感できました。

後半は、K野先生が特別講師としてメンバーの施術をしてくださいました。

相手の呼吸が入りやすいバランスで待ち、本人の呼吸で弛むタイミングを逃さずに付いていけると、固まっている場所も動き、身体の可能性が広がっていくことを実演してくださいました。
そのために、引きと攻めを同時に行うことで、相手の脳が反応できない状態を作り出す必要性を学びました。
そこから、呼吸の隙間でずらすと、本人が無意識の内に固めている癖の位置から外せることを教えてくださいました。
外見はほとんど動いていないように見える繊細さで、内部では弛んでいく働きが起こり、身体が繋がっていくことを感じられました。

そうした施術を行うためには、相手のバランスに応じて、自分の力を抜ける身体を創っておかなければならないことを改めて実感しました。
相手と一体になったところから、自分が力を抜くと、相手も同調して弛んでいく様子を観せて頂きました。
施術をされているK野先生の頭部に触れさせて頂き、吸って弛めて吐く働きと共に柔らかく動いている様子を感じられました。

また、側臥位で頭を浮かせ、いつもと違うバランスで力を抜いてもらうことで、肩が弛む位置に導いたりと、相手の発想を変えることの大切さを学びました。
施術や会話を通じて、お客様自身に自分の癖や治る力に気付いてもらう方向に導けるよう工夫していく必要性を感じました。

K野先生、KMさん、参加された皆様、昨日は多くの気付きをくださり、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/823-4cc53d16

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】