HOME>合気観照塾

一体となるバランス

合気観照塾 2017.08.12

腕の力を抜いたまま、「ロッキングチェア」や「鳥と亀」の内部の動きによって相手に伝わる力を観察する

自分の都合では無く、相手から加えられている左右それぞれの圧に合わせて、一体となるバランスで弛める

接点で相手と一致したところから、それ以外の場所を自由に動かせるように脱力し、相手にとって「無い」状態にする

力を抜いているつもりでも、肋骨の弛み方や左右の肺の膨らみ方にアンバランスがあり、呼吸の流れが妨げられていることを実感した

意識した点へ息を吸ってバランスを変え、その位置のまま弛めて中心に近付けることで、偏りを調整する

立っている相手に対して、臀部を締めて下肢内側を通して吸い上げ、下方からの伸びで相手を浮かす

丹田と繋げる位置に腕を上げられると、力を抜くだけで丹田へ集まるように重みが落ちていくことを体感した

正座位で立っている相手に腕を持ってもらい、一本の刀となるよう頚まで繋げて担ぎ上げる

大きく踏み出して相手の内側まで入り込み、軸を崩さずに股関節を切り返して反対側を向くことで相手を転ばせる

定位置でも、四方投げと同様に、相手の頚まで入れて落ちていく方向へ抜くことで、相手を崩せることを体験した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/827-e8bd6fd3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】