HOME>合気観照塾

肩の内部の空間

合気観照塾 2017.08.26

相手の圧に応じて力を抜き、着いた位置から吸える方向に吸い上げ、バランスの変化に合わせて動く

軸を寄せて側方に居る相手の向こう側まで意識を通し、空間を広く捉えながら嶺から谷に向かうようお辞儀する

上腕を外旋しながら前腕を絞り、直線ではなく、螺旋で自分の身体内部の糸を張って伸びを伝える

呼吸によって全方向に緩みが取れると、全身で同時に引きと攻めが起こり、身体のどこを持たれても技になることを実感した

片腕を持たれた場合でも、一刀での両手の引き分けと同様に、接点を上肢の伸びで引き分け、頚と分け目を一致させて動かす

膝と肘が繋がるバランスで脱力し、下方からの力を体幹で交差させて腕まで伝達する

肩の内部に空間が生まれるように浮かせ、丹田の動きが自由に伝わるバランスで、鞭のしなりを指先まで伝える

相手の示指を頭部に当ててもらい、先端の点から引きと攻めが伝わる方向に内側から操作する

視線と側方のラインを相手の中心に合わせ、相手に斬り込める隙間に向かって重心を移動する

眼の動きや身体の繋がりなど、体感したイメージを鮮明に描くことによって、実際の動きと同じ働きを導けることを体験した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/829-1fbebaa4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】