HOME>呼吸法セミナー

体験記01

センタリング呼吸法セミナー 2010.10.24
健康維持互助会の終了後、今月から開始された「春風堂 センタリング呼吸法セミナー」に参加させて頂きました。
最初にレッスンを受けるうえでの要点を教えて頂いてから、参加者が順番に鏡の前に立ち、お互いの姿勢を観察しました。
それから、畳の上に仰臥位で寝て、その時点での自分自身の身体の状態を感じてから、腹式呼吸の観察に入りました。
私は腹式呼吸法に関して、別の機会に教えて頂いた事が何度もあったのですが、下腹部まで充分な吸気を入れることがなかなか上手く出来ませんでした。

それを改善するために、膝関節を屈曲したり、さらにそこから踵あるいは爪先を上げたりと、姿勢を変えて変化を感じてみるように指導して頂きました。
膝関節を曲げることで、吸気時の大腿部の力が抜けやすくなり、骨盤の動きやそれに伴う体幹の動きが観察しやすくなるように感じました。
また、私の最大吸気時におこっている骨盤の傾きと、本来の可動域との間には、まだ大きなズレがあることが分かりました。

それから、両季肋部に指先を当て、肘の位置を変化させながら、呼吸がしやすくなるかどうかを観察しました。
太極棒の持ち方と同じように、無理な力が入らない姿勢があり、それが呼吸もしやすい姿勢であることが分かりました。

最後に、寝た状態あるいは立ち上がった状態での姿勢がどのように変化したかを確認しました。
私は、骨盤を後傾する際の腰部の緊張が緩和され、下腹部への空気が入りやすくなったように感じました。
また、参加者の方の姿勢を見ると、最初に鏡を見て観察したときと比べて、大きく姿勢が改善されていたことに驚きました。

M岡さん、そして、アシスタントとして指導して頂いたKMくん、K元くん、先日はありがとうございました。
私が合気観照塾や健康維持互助会を通じて学んでいる内容の、基礎となるべき呼吸法を教えて頂き勉強になりました。
来月も是非よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/83-159adaf5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】