HOME>合気観照塾

呼吸の流れに沿う

合気観照塾 2017.09.03

相手に腕を掴まれる前から脱力し、接点を留めて、どこも緊張しないように体幹から動く

相手との間の緩みが取れる分だけ息を吸い、横隔膜を締めたまま相手と繋がった状態をキープする

接点を相手に合わせることによって生じた身体の不均衡を、保息したまま弛めることでほどいて一体にする

新たなバランスによって生じた軸の回旋や骨盤の向きを受け取り、嶺から谷に向かうよう股関節から傾ける

相手が肩を押してくる力を吸い込んで下ろし、そのままの流れで吸い上げて入れ、力を抜ける場所に落とし、常に呼吸の流れに沿って全身で動く

芯を伸ばしながら丹田と壇中の回転を一致させ、外枠を固めること無く、中の動きを伝える

膝を弛めて鼠径部を深め、腰や背中を反らさずに後方へ広がる感覚を保つことで、前に向かう力と釣り合いを取って立つ

肘を外に張って合谷を前に向け、腕を頚で吊るように垂らすことで、体幹の呼吸の行き来によって手を上げ下ろしする

身勢が取れていると、何もしなくても、前から押してきた相手に自動的に力が返って行く状態を体験させて頂いた

下ろしている腕を上げるのではなく、浮いている位置から押し下げてくる圧に対して、身体が呼吸の入るバランスに戻ろうとする働きによって相手を浮かす

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/831-38fdb8b5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】