HOME>合気観照塾

中心の点を保つ

合気観照塾 2017.12.09

いきなり動こうとせず、構えの段階で、呼吸によって起こる身体の連動や太極棒の落下を感じておく

胸骨と後頚部のバランスを外側で変えるのではなく、弛めたまま内側を通っていく呼吸によって伸ばす

吸い上げて肩を浮かせ、弛めることで力が抜ける位置に導き、自分を調整しながら技を掛ける

太極棒に小指球の一点を乗せたまま転がし、体幹内部の大きな動きを、小さな点から集約して伝える

五指のバランスを取りながら動かせる点から、弛めて相手を吸い込み、通して力を返す

呼吸で骨盤や肋骨や頭蓋骨を締めて中央の感覚を高め、軸を細くしたまま意識を広げて動く

遠過ぎず近過ぎず、指先から伸びた意識が、相手の瘂門の後方で交差するように通す

両手の間の見えないボールを股関節で転がし、常に中心の点を保ったままバランスを変えることで相手を崩す

触れる前から相手が動く方向と動かない方向を感じ取り、それに沿って呼吸することで手を近付ける

筋力ではなく内の力が働くからこそ、無くしたり、満たしたり、通したりが自在に出来ることを体感させて頂いた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/857-eb6b36c8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】