HOME>呼吸動作研究会

腰の動きって?

呼吸動作研究会 2017.12.24

後頭骨と仙骨に手が当たるように棒を後ろ手に持って、呼吸で張る

棒を引き分けて背骨を伸ばしたまま、股関節の曲げ伸ばしや回旋の動きを観察する

棒との間の浮きや当たりから、自分がイメージしている動きと、実際に行われている動きのズレを確認する

両手で棒を挟んで背骨と一致させ、体幹の傾きや捻りを手まで伝える

仰向きに寝て腰椎の下に横向きに棒を入れ、吸息で緩みを取って空気の上下で転がす

背骨の下に縦向きに棒を入れて、骨盤や肩甲骨を揺らしながらバランスを取る

背中を丸めて背側に呼吸を吸って、息が入りやすい場所と入りにくい場所をチェックする

姿勢を変えて同様に呼吸することで、骨盤と背骨や下肢への繋がりの変化を観察する

相手に手を持ってもらい、腰を丸めたとき、反らしたとき、自分の思う真ん中で息を吸ったときの違いを検証する

手を繋いで輪になり、何人も先まで意識しながら、呼吸を伝えていく

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/860-0743832f

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】