HOME>呼吸法中心塾

その時々の感覚と表れた結果

バランス☆運動療法初級 2018.01.13

今月のバランス☆運動療法初級講座でも、合気や治療を通して多くの感覚を得られました。

木刀の柄を思い切り握ったところから、手の平の皮膚が自由に動かせるように弛め、横隔膜より上の高さで構えました。
左手の小指側が吸息で伸びると剣先が上がり、弛めると剣先が下がり、呼吸によって刀の上げ下げをコントロールできることを体感しました。
そして、浮かせた位置で刀のバランスに任せ、物打ちに重みを乗せたまま力を抜くことで、刀を下ろすことが出来ました。
そうした身勢では、物打ちに加えられた力が丹田と直結し、押されても引かれても、いつでも返せることを体験させて頂きました。

さらに、短刀を呼吸に合わせて手の内で廻したり、大腿の上に立てたところから浮かせたりしました。
吸って浮かせるとそちらに引かれて緊張が抜け、弛めると境界が無くなるように付き、吐くと沈んで入ってくることを体感しました。
吸って弛めて吐く動きによって、木刀を通して自分に伝わってくる力が、施術で相手に伝わる働きと同じだということを感じられました。

身体を診る場合も、一ヶ所に拘らず、意識を広げて全体をうすらぼんやりと観ておく大切さを学びました。
相手の後方から両肩に手を沿わせ、ただ相手の身体に起こっている揺れに付いていきました。
だんだんお互いの振動が増幅し合い、気持ち良く揺れながら、身体を弛めることが出来ました。
そうした施術の風景も、主と客が入れ替われば、肩甲骨から相手に合気を通す技になることを体験しました。
K野先生が一人合気を見せてくださり、本当に相手が居るかのように技に掛かっておられる様子に驚きました。
自分の身体に合気が掛かっていく感覚があるからこそ、相手に合気を掛けられることを実感しました。

その時々の感覚と表れた結果の検証を積み重ねていくことで初めて、感性を深めていけることを教えて頂きました。
K野先生、お相手してくださいました皆様、今月も多くの体感を与えてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/864-29cf5fe4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】