HOME>呼吸動作研究会

身体を呼吸で繋げる

呼吸動作研究会 2018.01.28

今月はKMさんが、足底のセンタリングというテーマで進行してくださいました。
紐を踵から足趾の間へ通して一周させ、草履を履いているような状態で、動作を観察しました。
足関節、膝関節、股関節を呼吸と共に曲げたり、身体を前後に揺らしたり、左右に重心を移したりしました。
下肢を折り畳むとき、膝を内側に入れる癖があることを実感できました。
股関節を弛めることで膝が真っ直ぐに曲がると、趾の間に通した紐の感覚が高まる方向に重みが落ち、下肢を通って呼吸が吸い上がってくる様子を体感できました。
それから、紐を通す趾の股を変え、その都度、立ったときの足の向きを微調整しました。
同じように動作をしても、前提条件が変われば繋がり方も変わり、徐々に可動域が広がっていく様子を感じられました。
順に行なった後、左右の脚の違いを比べてみると、足背の感覚が高まって足趾が浮き、足関節の深みが増していることを自覚できました。
微妙な違いで身体の使い方が大きく変わってくることを実感し、そうしたズレに気付けるように練習を工夫していく必要を感じました。

後半は、K野先生が来てくださり、会員に施術を施してくださいました。
芯での呼吸の行き来が手まで伝わることで、木刀が上がったり下がったりし、施術もそれと同様に行えることを実演してくださいました。
上肢と下肢のそれぞれの関節が対応し、呼吸が伝わる位置に下腿を浮かせておくと、木刀を持った腕が弛んでいくように脚が伸びていく様子を見ることが出来ました。
その際、術者が押したり引いたりするのではなく、相手の重みを利用していることを教えてくださいました。
膝から下の重みを取り除くことで、股関節がフリーになる位置に導き、呼吸で弛んでいく瞬間を逃さずに、相手の重みで伸展する様子を見せてくださいました。
そうした繋がる位置を受け取るために、自分の脚や腕を呼吸で浮かせられるように検証しておくことの大切さを実感しました。
自分の身体が呼吸で繋がって初めて、シンプルな原理で、どこからでも誘導できるようになるのではないかと感じました。
それから、一つのやり方にこだわらず、駄洒落のように発想を変えていくことの大切さも教えて頂きました。
相手や状況に合わせて、笑って解れたり、目線で伸びたりと、身体に備わった働きを何でも活用できることを学びました。
術者の力ではなく、本人のバランスの変化で弛めてもらうからこそ、ご自身で健康に向かって頂く施術ができるように思いました。

K野先生、KMさん、参加された皆様、多くの学びをくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/868-de3fda2e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】