HOME>合気観照塾

中心と繋がった瞬間

合気観照塾 2018.02.03

吸って刀を浮かせ、さらに吸って上に上げ、弛めたときのバランスの変化によって、剣が下りて足が踏み出される

体幹が下から締まるように吸い上げて腕を上げ、中の伸びの頂点で分け目を担ぎ上げる

体幹の動きを、手では無く、肘でコントロールしながら廻刀し、常に両肘の関係性を保ちながら動く

両手を引き分けて自分の緩みを取ることで、相手の左右の手の内を取り、中心と繋がった瞬間を逃さずに進む

手掌に棒を立ててバランスを取るように、刀を持つ相手も含めて浮かせ、釣り合いを保てることを体験した

相手をどうこうしようとせず、自分の力が抜けるようにセンタリングしている内に、相手の身体が繋がり、動けば崩せる状態まで導けることを感じられた

自分の真っ直ぐではなく、相手の持つ刀のバランスに合わせて触れに行き、外枠はそのままで丹田から入れる

弛めたときの骨盤の角度に沿って立て替え、仙腸関節の動きを手まで伝えることで捩り込む

刃の反りに合わせて呼吸を通し、切っ先まで吸い上がっていく力を同調させて、相手を浮かす

相手が構えた木刀に手を滑らせ、接点に全体の引きと攻めを集約することで、面ではなく点で力を伝える

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/870-4fd0eb68

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】