HOME>センタリング・タッチ

全体の引きと攻め

センタリング・タッチ研究会 2018.02.04

今月の研究会では、K野先生が、立位で足元から身体を整えてくださいました。
下腿部に手を当てて頂くと、身体に起きている揺らぎが全体に広がり、上方の空間と繋がっていくことを感じられました。
そして、滞っている場所が動き始め、通り道が出来た瞬間に道を開けて、重みを落とす技を体験させて頂きました。
下肢の経路が通ると、捻れが取れて動作が軽くなり、呼吸が通りやすくなっていく様子を感じられました。
上肢でも、相手の腕を浮かせて肩をフリーにすることで、下肢と同様、重みとバランスの変化によって誘導できることを教えて頂きました。
吸息で肩甲骨や鎖骨が浮き、肩甲帯が肋骨と分離してぶらぶらと動かせる状態を体感できました。

その後、「合気道で行う呼吸法」を教えてくださいました。
息を吸いながら、背中を伸ばして、両腕を側方で上げ、拳を開いて行きました。
腕の角度や手の向きを変えながら、労宮が背側の張りが高まる位置を観察しました。
吸息で伸びたところから弛めると、中心の軸が上下へ指先が地面を刺すように更に伸びて、全身での引きと攻めが生まれることを体感させて頂きました。
その時々の姿勢で引きと攻めを生み出せるように、条件を変えながら、先まで弛んで伸びるバランスを観察していく必要性を感じました。

その後、モニターとして来てくださったY川さんの施術を担当させて頂きました。
誘導させて頂いていても、とても弛みやすく、私の方が弛めて頂いているようにさえ感じました。
K野先生から、側臥位で施術する際、脚を当てて補助をしたり、脊柱を伸ばして上肢が浮く姿勢を取るようアドバイスを頂きました。
全体の引きと攻めを活かせると、どの接点からも入れたり抜いたり出来るようになり、施術の幅が広がることを感じました。
また、手指の先端まで中心からの伸びを伝えて、緩みを取り切ることで、経路を明確にしていく必要性を感じました。
施術を通して多くの学びを頂け、たいへん勉強になりました。

K野先生、いつも多くの体感をくださり、ありがとうございます。
施術を受けてくださいましたY川さん、ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/871-b8fc41a7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】