HOME>合気観照塾

相手の持ち手に沿う

合気観照塾 2018.02.10

青岸で構えて、相手が持ってくれたバランスのまま身体を弛めて、相手に丹田の動きが伝わるかチェックする

二刀それぞれから相手の手の内の緩みを取って、進む力が中心へ向かうように合わせて攻める

雷刀を相手が構えた刀に付くように下ろし、接点の点の傾きの変化によって、相手に入れる

刀を両手で担ぎ上げ、浮かせた位置をキープしたまま中を弛めて、相手を落とす

吸息と共に恥骨を締めて両脚を張り、軸を伸ばして下方からの吸い上げで相手を浮かす

下肢の張りと、上肢の引き分けを一致させて、両手と刀との間の緩みを取って一体としておく

片脚を引いて道を開け、分け目を動かすことで、刀のバランスのまま落とす

浮かせたところからずらして相手の重心を崩し、崖っぷちの位置から仙腸関節の切り返しで後押しして転ばせる

真っ直ぐ構えていても、相手の持ち手に沿って弛めていくことで、刀の傾く流れが起こり、捩り込みの動きが自然に生まれることを感じられた

相手の手の内に逆らわずに弛めていくことで刃筋が生じ、そのまま進むと相手を転ばせられることを体験できた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/873-1aa0a2ce

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】