HOME>合気観照塾

呼吸が詰まらないバランス

合気観照塾 2018.02.17

近付いてくる相手の距離感も含めて息を吐き、相手の後方の空間まで掬い上げるように息を吸う

上肢帯を浮かせた状態で待ち、相手の手の内でも浮かせたまま弛めることで、緊張や重みといった拠り所を無くす

相手の掴み手に対して、全体がふわっと膨らむように緊張させずに張り、真剣の鋭さを共存させて方向性を持たす

自分が息を吐ける位置に腕を上げて吸い込み、指先まで息が通るように吸い上げ、常に呼吸が詰まらないようにバランスを変えられると技になる

相手からの接触に対する脱力を起点として「鳥と亀」や「扇子回し」を行うと力を返せることを体験し、どこから触れられても対応できるように合気体操が創られていることを学んだ

中心軸で皮膚の奥行きの分だけ相手の軸をずらして、吸息と共に引き分けることで相手を浮かす

刀棒で、相手の左右の手の内からそれぞれ頚へと通し、相手の身体の緩みを取り切る

全身の引きと攻めが途切れないよう、分け目を動かすことで、刀の反りに沿ったカーブで落とす

刀の刃筋と、仙腸関節と肩を通る対角のラインの動きを一致させて、三次元的なバランスで相手を斬る

木刀を空中に留めたまま、肩や肘を弛めてぶら下がった状態にして、中心から鞭の動きを伝える

稽古中に、肘や肩など固まっている場所を指摘して頂くと、力が通ることを体感させて頂き、自覚できていない緊張がいかに多いかを実感した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/875-6a5ef974

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】