HOME>合気観照塾

身体の実感を丹田へ

合気観照塾 2018.03.17

相手の持ち手に合わせて弛めることで分け目が生じ、その点を支点とした動きを伝えることで崩す

接点から伝わる相手の重みやバランスを、脳で処理しようとせず、丹田で受け取り、丹田で誘導する

身体の実感を丹田へ吸い込むことでオフにして居なくなり、相手の力が抜けて軸がずれた瞬間にオンにする

ゼロになる位置まで弛めながら繋げ、接点のバランスを変えずに末端まで空気を満たすことで、伸びていく方向に伸ばす

五指を集約して指先まで充実させ、手部の立ち上がりと臀部の浮きを一致させて、相手を浮かす

会陰を締めて下方の栓を閉じ、吸い上げた呼吸を圧縮して上方へ押し出す

股関節の動きが螺旋で手まで伝わると、中指を中心とした回転が起こり、母指側と小指側の引きと攻め、薬指の浮きとして表れることを体感した

片手を持たれているときも、両手の間の球を転がすように、反対側との釣り合いを保ちながら、相手を転ばせる

薄筋が利いた状態で、仙腸関節の動きを手と一致させ、会陰の細さで力を伝える

立ち位置や掴まれる部位に関わらず、離陸や蕾の手と同様の繋がりが表れることを見せて頂き、シンプルな原理から技が生まれることを実感した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/882-0abdcd83

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】