HOME>呼吸動作研究会

右寄りと左寄りの間

呼吸動作研究会 2018.03.25

今月の研究会では、新メンバー二名が参加してくださいました。
K元さんが、「ゆっくり重心移動」というテーマで、進行してくださいました。

椅子に座り、左右の肺の呼吸の入り方をチェックしました。
それが、姿勢や動作を変えることで、どのように変化し、歩いている時や腕を持つ時に影響を与えているかを検証しました。

足趾を反らせたり丸めたりして、足首を反らせて、呼吸が入りやすい角度を確認しました。
そこから膝を曲げていくと、足首が決まり、足底に体重が乗るバランスでピタッと合うことを体感しました。
それから、移動する側と反対側の臀部も意識して、天秤のリンゴを一つずつ移すようにイメージしながら、丁寧に左右の重心移動を行ないました。
右寄りと左寄りの間にも無数の段階があり、繊細にセンタリングすることで初めて中心が定まっていくように思いました。
また、骨盤を締めながら大腿部を張って、中央の圧の高まりや下肢との繋がり方の違いも確認しました。
最初、肺の膨らみ方に左右差がありましたが、動作と共に均等に近付いていくことを実感しました。
歩いていても、中心に寄っているとブレが少なく、腕も脱力できていることを感じました。
パートナーの腕を持たせてもらったとき、吸い上げる位置が深くなり、腕を持ってもらっても、力が抜けるように浮かせてもらえる感覚がありました。
動作においても、施術においても、呼吸を基準としてバランスを中心に近付けておくことが、如何に重要であるかを学びました。

後半は、グループに分かれて、施術を行ないました。
各々の最近の工夫や発見を情報交換できて、たいへん勉強になりました。
SRさんの呼吸を意識した刺鍼、O原さんの診立てや提鍼も見せて頂きました。
鍼治療も、それぞれの個性が表れていて、自分の行なっている方法を見直す良い機会になりました。

参加された皆様、ありがとうございました。
来月も、よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/884-ca0e8e38

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】