HOME>合気観照塾

支点を変え続ける

合気観照塾 2018.04.14

骨盤を締めながら膨らませて両手の張りと一致させ、仙腸関節からの繋がりによって手を動かす

手首を押さえてくる相手の圧を吸い込んで軸をずらし、生じた隙間へ息を吸い上げて離陸する

脱力によって肘が下りて手部が上がり、吸息が指先まで伝わると中指が相手の腕に沿うように、常に呼吸の結果として手を動かす

肋骨は落とさずに内部を弛め、肩、肘、手首と順に抜いていくことで、自分の高度を保ったまま転ばせる

手の中の見えないボールが落下する方向に労宮で吸い込んで、引くのではなく弛めることで相手を引き寄せる

「鳥と亀」における体内の回転を上肢に反映させて、相手を浮かせてずらして落とす力を伝える

後ろから腕を掴まれていて見えなくても、前から持たれているときと同様の感覚で、相手の中心をずらし、首を取り、固めたところで転ばせる

相手の手背と面を揃えて弛めることで一致する点を作り、そこを中心として回転させ、相手の掴み手から抜き去る

母指側の引きだけでなく、小指側の攻めが加わることで、相手の手の内に新たな支点が生まれて、合気上げになることを学んだ

中心からの伸びを五指それぞれに時間差で伝え、回転する支点を変え続けることで相手を崩す

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/888-c1097951

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】