HOME>呼吸動作研究会

呼吸とバランス

呼吸動作研究会 2018.04.22

今月の研究会は、KMさんが「呼吸で動くとは」というテーマで進行してくださいました。

仰臥位で片脚に座布団を載せて、その重みを感じながら、脚を上げました。
脚の角度を変えて力の入り方の違いを確認し、呼吸で上げられかどうかを検証しました。
腹部への吸気によって鼠径部が深まる位置にあると、それに付いていくように膝も浮くことを体感しました。
そのまま吸い上げると、骨盤が転がって股関節が更に深くなり、膝、足首と順に繋がって折り畳まれて行きました。
先に膝を上げようとしたり、足首を決めようとして、呼吸による繋がりが途切れると、途端に固まってしまうことを体感しました。
それから、腕や頭も同様に、呼吸とバランスで上がる位置を検証しました。
吸い上げと共に頚が伸びると、中央の軸が通り、頚部とのバランスで腕が浮きました。
また、両脚を上げたところから、後頚部を伸ばした状態のまま、脚を下ろして弛めて行きました。
身体の長さを保ったまま、弛む流れが足部に移動していくと、脚の重みに引かれるように頭部も浮かせられました。
さらに、呼吸を基準として、一本一本の指で畳を押したとき、浮かせたときの違いを見ました。
条件を変える度に、呼吸の吸い上がる高さが変わり、それぞれの指の働きを感じられました。
呼吸が通る前提が出来ているからこそ、呼吸をテスターとして善し悪しを判別できることを実感するレッスンでした。

後半は、前半に行なった内容を二人一組で誘導し合いました。
検証したことが、施術をする時の姿勢や動作に繋がり、そのままパートナーへの誘導となることを確認しました。
ここしかない位置を感じるために、感覚の精度を高められるよう自分で検証し続けることの大切さを学びました。

来月の研究会は、私が担当させて頂きます。
頂いたテーマを踏まえて、メニューを考えておきます。
よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/891-9789ecc0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】