HOME>合気観照塾

経絡を伸展する

合気観照塾 2018.05.12

会陰を締めて中央の吸い上げで相手を浮かし、栓を抜かずに相手の高度をキープしたまま動く

相手に持たれたバランスで息を吸って接点を一致させ、その位置を留めたまま弛めて落とせる前提を作る

弛めたときの相手のバランスの傾きを受け取り、骨盤を回旋させて動けるほうへ動く

肚から指先までの呼吸の通り道を明確に辿り、イメージとも一致させて、相手の身体にも息を通していく

殴りに来る相手の腕の動きを利用して吸い込み、皮膚を反対方向にずらすことで、相手を固めて動けなくする

相手の掴み手をあやとりの紐として、相手の反応を生み出さないように、吸気の分だけ張って入れる

相手を浮かせながら、蕾の手で引いて肘で攻め、相手の腕を伸展し、糸を張った状態のまま巻き取る

相手を背部に引き寄せたら、触れた場所を内側から膨らませて相手に入れ、常に全身の引きと攻めの釣り合いを保つ

相手の持ち手によって、自分の伸びていく方向も、相手の固まっていく経路も変わり、形を決めないことの大切さを実感した

経絡を伸展するように相手の弛みが取れ、身体の自然な流れを辿るからこそ、技を掛けられると調子が良くなることを実感した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/894-b51e6709

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】