HOME>呼吸動作研究会

呼吸の張りと背中の意識

呼吸動作研究会 2018.05.27

今月の研究会は、「呼吸の張りと背中の意識」というテーマで進行させて頂きました。

仰臥位で寝て、自分で骨盤や肋骨の前・横・後ろを触ることで、呼吸による動きをチェックしてもらいました。
それから、骨盤や大腿部に帯を巻いて、中の締まりや外への張りを観察しました。
その後、帯を肋骨に巻き、端を持って両手を引き、体幹の動きが手にも伝わっていることを確認しました。
また、足の裏に帯を通して手との間の弛みを取り、上下の張りを感じながら呼吸してもらいました。
相対稽古として、長座位で足の裏を合わせて呼吸で紐を引き合ったり、背中合わせで凭れ合ったりしました。
それから、椅座位であや取り呼吸法を行いました。
「呼吸によって動く」と「筋力によって動く」の違いを感じて頂くことを目標に進行しました。

後半は、k元さん、Oさんと、前半に行なった内容がどのように治療に反映されるかを検証しました。
座る位置や姿勢や視線や鍼の傾きを通したい経絡に合わすことで、接触鍼でも置鍼でも相手に伝わる影響が変わることを確認できました。
呼吸で張れるバランスを意識しておくことで、自然にそうしたポジショニングが取れる身体を創っていくことの大切さを感じました。
Oさんに少し姿勢や呼吸のアドバイスをさせて頂いただけで、鍼によって相手の身体に流れが起きる感覚を掴まれていたことに驚きました。

企画を考えたり、会を進行させて頂く中で、自分の足りていない部分を自覚でき、多くの発見がありました。
参加された皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/898-37dcf6e8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】