HOME>健康

航行相対

私は十代の頃、サイエンス関係の本が好きで、よく読んでいました。
最新の科学で分析した宇宙や時間の話にワクワクし、自分が大人になる頃には謎が解明されるのではないかと楽しみにしていました。
相対性理論や量子力学に関する記事をよく目にしました。
相対性理論によると、超高速で飛ぶ宇宙船に乗っている人と、それを地上から見ている人では、時間の流れる早さが変わります。
絶対的なものだと信じられてきた時間や空間が、観測する立場によって変わる相対的なものだという捉え方に驚きました。
量子力学は、原子よりも小さいミクロの世界を扱う学問です。
量子はどこにでも存在する可能性があり、観測することで初めて何処に在るかが決定するという不思議な性質を持ちます。
観測者の脳が認識するかどうかで世界が変わるという、まるで哲学のような話が実際に研究されています。
それらは光に近い速さや極小の粒子に限られたものとされていますが、世界が絶対的な物理法則に支配されているという考え方を根底から覆すものでした。

医学の世界にも、そうした発想は有用なのではないかと思うことがあります。
現代医学は,客観的な根拠が重要視され、科学的に証明されていないことや個人の感覚は、信用性が低いとして軽んじられる傾向にあります。
客観的な検査を元に診断が下され、治療の結果として、それが客観的に見ても治癒していることが求められます。
レントゲンで骨折が見つかったり、血液検査で細菌感染が判明したり、と言ったようにハッキリした原因が特定される場合は、客観的なデータが役立ちます。

けれども、病気や怪我のつらさは患者さん個人の主観に依るところが大きく、それを客観的に評価することは困難な場合も多くあります。
手術は成功だったのに、結果として新たな症状が引き起こされ、手術をしたことを後悔している患者さんもおられます。
あるいは、画像診断で関節の変形によって痛みが出ていると言われた患者さんが、レントゲン上は何も変わっていないのに症状が消失するケースをよく目にします。
そうした、主観的な訴えと客観的な治療の間にズレがあることが、様々な医療の問題の原因になっているように感じます。
客観的な根拠を元に治療するだけでは病が無くならないことは、医療費が年々増大していることからも客観的に証明されています。
病が身体からの訴えであるとすれば、このまま医学が主観を診ることをしなければ、客観的に示すことが出来ない痛みや精神の病気が益々増えてくるような気がします。

治療を施す側も、受ける側も、もっと主観に目を向けても良いのではないかと思います。
患者さんは術者に責任を委ね、術者は知識を元に治療を行ない、それを書いた本人は全く関係の無い場所に居て、その場において誰の主観も反映されないという状況が起こり得ます。
どれほど有名な先生の唱えた説でも、実際に試してみて変わらなければ、それは自分に合っていないということになります。
反対に、思い付きでやってみた方法でも楽になったなら、それは自分にとって立派な健康法だと言えます。

私が身体について感じていることも主観ですが、その中で自分の片寄りを取り除いていけば、客観的に観ても成立するのではないかと考えています。
何故なら、自然の働きで生まれた私達の身体は、同じ原理で出来ているはずだからです。
より多くの主観が反映された身体観がどのようになっていくのかを想像すると、宇宙に感じたのと同じようにワクワクします。

天体

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/899-68373ed8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】