HOME>合気観照塾

身体にとって自然な流れ

合気観照塾 2018.06.02

お互いの弛みが臨界まで取れたところから更に伸ばすことで、自分の首を決め、相手のアンバランスを後押しする

相手の手の内に合わせて弛めることで手の形が生まれ、次に向かう方向が決まっていく

先に形を決めずに、呼吸と共に弛んでいく動きと伸びていく動きを繋げ、常に身体にとって自然な流れを辿る

呼吸を吸える方向へ吸い上げ、吐ける方向へ弛めることによって落ちる場所が決まり、峰と谷の感覚が生まれる

相手に入れたところから、接点を残したまま片側の股関節を引いて、最後に手に動きを伝える

呼吸に伴う全身のうねりを、相手に掴まれた手首の点に反映させて、わずかな動きで大きく崩す

相手と横並びでも、意識のベクトルを相手の軸に付け、力のベクトルを頚に通して後方へ落とすと、相手の中心を崩せる

柄を持つように両手を寄せて軸を細く締めながら、外側に張って弛みを取り、内外の引きと攻めを行なう

会陰と百会を呼吸で伸ばして繋げ、高さをキープしながら肩や腕を弛めて落とし、中央の動きで操作する

何人か繋がっていても、向こうの相手まで吸い込み、その流れを辿りながら返せると、同様に技が掛かる

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/900-35de5d08

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】