HOME>センタリング・タッチ

ポジショニングとタッチ

センタリング・タッチ研究会 2018.07.01

センタリング・タッチ研究会の前半は、K野先生が参加者を順に施術してくださいました。
私は、左の季肋部や上肢が固まっていることに気付かせて頂きました。
動きにくい場所を直接動かすのではなく、離れた場所からの響きをみて、その間を通すことでバランスを変えてくださいました。
緊張が弛んでいく度に、呼吸が楽に通り、自然に浮かせられることの心地良さを感じられました。
私もN村さんに接触鍼をさせて頂き、押し手の重要性を改めて学びました。
皮膚の弛みを取って、鍼を介して伝わる流れが伝わる位置へ導くことで、初めて繋がることを感じました。
相手のアンバランスを診て、鍼を当てる場所が決まり、自分の座る位置や手の置き方が決まり、弛みの取り方が決まり、「相手の身体に訊く」ことの大切さを実感しました。

後半は、三名の方がモニターとして参加してくださり、私はSSさんの施術を担当させて頂きました。
姿勢を診せて頂いて、気になった場所をお伝えし、それを改善することを目標に施術しました。
落ちている側の骨盤の下にタオルを入れて底上げしたりと姿勢を補助しながら、センターに近付けていくことをアドバイス頂きました。
そのバランスでの緊張が、弛んで繋がっていくことで馴染んで行きました。
そして、新たに浮き出てきたアンバランスを、その都度ポジショニングし直すことで、センタリングされて行きました。
それは、センタリング・タッチの手技の中でも同様に表れていることを学びました。
偏りの中での中心から少しずらして、自分の中心とフォーカスを合わせていくことで、アンバランスが改善されていきました。
ポジショニングによる方向性にタッチが浸透していくことで、中央に寄っていくようにイメージが繋がりました。

モニターとして参加してくださり、施術を通して学ばせて頂けることを、たいへん有り難く思っております。
K野先生、参加してくださいました皆様、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/906-4fc4efce

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】