HOME>武術研究会

先に意識が通っている

東雲道場 第五十六回研究会 2018.07.09

相手の腕に上腕を乗せて浮かせ、足底まで重みを落としてから、中の繋がりで肘を引き寄せて崩す

身体を上下に引き分け、片手で刀を天に向けて伸ばし、反対側を相手の分け目に乗せて地に向けて落とす

体幹からの伸びで刀を上げ、先に重みを下ろしてから、中心から物打ちまで繋げて順に落とす

身体背側を呼吸で広げて手背の意識を保ち、上肢前面や腹筋を縮めずに動く

骨盤の動きによってボールを転がし、転がりを相手の腕から頚を通して反対側の谷へ誘導する

ボールの中心が感じられる位置にセンタリングして、丹田の振動をその点と一致させて相手の頚まで反映させる

両手を引き分けて分け目の感覚を保ち、両肘の幅を変えずに立て替えによって刀の流れを導く

雷刀の伸びを体内で処理して、軸の長さで身体の張力や高低差を生み出す

一打三足での脚の引き寄せによって、相手を崩せるラインに刃筋が合うように刀を下ろす

先に意識が通っていて、いつでも刀を下ろせる状態だからこそ、後出しでも勝つことができ、相手の出方に応じて変えることも出来る

相手の雷刀をふせいだ刀を流しながら、人中路を45度外に踏み替えて、相手の死角に入って次の攻めに繋げる

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/908-16317fb5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】