HOME>雑談

寝た蝶

私が不思議だと感じる事柄の一つに、「夢」があります。
本人が覚えているかどうかは別として、睡眠時には必ず夢を見ているとされています。
夢を見る理由については、よく分かっていない部分も多いようですが、覚醒時に得た記憶の整理に関連しているという説が有力のようです。

夢の中で起きたことを思い出すと、精神と身体の繋がりの深さを実感させられます。
空を飛んでいる夢を見たときは、本当に身体が風をきっているような感覚や、浮遊しているときに起こる不安定な感覚を体感できます。
また、胸の上に手を乗せた状態で寝ると、得体の知れない生き物にのしかかられるといった悪夢を見やすいということも実際に経験したことがあります。
夢の世界では、目が醒めてから考えてみると、なぜ疑問に思わなかったのか不思議になるくらい非現実的な状況でも違和感なく受け入れています。
努力してもまず思い付かないような発想が含まれていることも多いため、実際に、夢に着想のヒントを得て作られた発明や芸術作品が沢山あるようです。
私は、子供の頃と比べると突拍子も無い内容の夢を見る機会は減ったような気がしますが、やはり今でも、現実の世界ではなかなか出来ないような経験をすることがよくあります。

古代中国の思想家の一人である荘子の言葉の中には、『胡蝶の夢』という説話があります。
その話の中では、荘周という人物が、自分が荘周であるということを忘れ、蝶になって自由に飛び回っている夢を見ます。
荘周が夢から醒めたとき、果たして「自分が蝶の夢を見ていた」のか、それとも「自分は蝶が見ている夢」なのか分からなくなるという話です。
これは「斉物論」に書かれており、現実と夢、有と無、生と死といった事象の境は判然とせず、大きな流れの中の変化でしかないということを示しているとされています。

私も、今の「自分」という個体が思っているほど絶対的なものでは無く、精神的にも肉体的にも変化しうるものだと感じることが時々あります。
この文章を書いている「自分」が、現実なのか夢なのか私には知る由もありませんが、いずれの世界においても楽しく飛び回っていられたなら言うことはありませんね。

<参考文献>
『老荘思想入門』 著者:月洞譲 発行所:PHP研究所

蝶

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/91-ef6924a0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】