HOME>合気観照塾

後頭下筋が働く方向

合気観照塾 2018.07.28

相手の負荷に合わせて弛めて、行けるラインが現れた瞬間に意志と一致させて離陸する

呼吸で反る動きを導いて、尾骨と後頭骨でブリッジをして、肩甲骨を落として肩の力が抜ける位置で動く

会陰の締めが薄筋と繋がるバランスで吸って、頚が伸び後頭下筋が働く方向に吸い上げる

頭部を浮かせて高さを保ち、薄筋の張りをキープしながら、丹田の動きを手まで伝える

自分の軸をずらさずに弛めて、目線を正面に向けながら、斜め前に居る相手の中心に意識を付けておく

相手の両手の接点それぞれの弛みを取り、その中点を動かせる方向へ仙腸関節から動く

相手が押してくる分だけ呼吸の圧を高めて、自分のバランスを最低保障した状態で脱力する

相手の体内の糸がピンと張れる位置に吸い込み、リクライニングでもたれ掛かるように弛みを取り続ける

引きながら攻めるように腕を持って相手が対応できない状況を作り出し、どちらにも動ける状態で反応を窺う

相手に姿勢が崩れる固め方をされても、いったん脱力してそこから呼吸で立ち上げられると、立場が逆転することを体験できた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/912-e36deca8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】