HOME>呼吸動作研究会

息の吸い方を科学する

呼吸動作研究会 2018.08.26

今月の研究会の前半は、私が進行役を担当させて頂きました。
呼吸の通りやすさを指標として、自分の身体を見直すことをテーマとして考えました。

息を吸いながら、吐きながら、止めたままと条件を変えながら腕を上げ、呼吸と動作の関係を検証しました。
呼吸をする際、鼻と口では、どのような違いが出るかを確認しました。
また、左右の鼻孔の通り方や、首の角度による変化を観察しました。
それから、足、膝、股関節、骨盤の向きなどセンタリングしながら、より楽に呼吸が通ることを目標に姿勢を変えて行きました。
備前玉を使って、手を開く動作、握る動作と、呼吸との関わりを見て頂きました。
ペアを変えながら、相手を含めたバランスで息の吸える姿勢を、誘導してもらいました。
仰臥位でも、各々で姿勢を観察して頂き、前半を終えました。

後半、私はM口さんと施術の練習をしました。
仰臥位での呼吸のアドバイスをさせて頂き、センタリング・タッチを行ないました。
普段されている治療の方向性と一致する部分も多く、とても勉強になりました。

企画・進行させて頂く中で自分を見つめ直す機会を頂けることは、参加してくださる皆様のおかげだと感謝しております。
貴重な意見や感想を頂けて、今月も得るものが多くありました。
会員の皆様、今月も本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/918-a6dde59d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】