HOME>合気観照塾

身体の中を満たす

合気観照塾 2018.09.01

相手の厚みを意識しながら、ロッキングチェアで後ろまで取り、中心をずらしておく

肩や肘を弛めたまま指先を伸ばし、丹田からの吸い上げを相手の向こう側まで滞りなく伝える

背骨や胸骨を中央として、左右の肋骨を分離して動かし、肋骨の浮きと連動させて腕を上げる

天地人で臨界まで身体を伸ばし、肩井から湧泉まで、腕の重みによる落下を伝えて力を通す

頭部を保ったまま、仙腸関節の幅で動き、股関節の切り返しによって腕を浮かせる

弛めたときのズレによって落下地点を誘導し、手が当たる位置へ迎えに行きながら中に響かせる

大椎の意識を保ち、頚を伸ばしたまま重心を後方に移し、肩甲骨を弛められるバランスでもたれ掛かる

鳥と亀での内部の回転を手まで伝え、後方に居る相手の背側から掬い上げて合気上げを掛ける

上げた腕を筋力で支えるのではなく、外側の力を抜いたまま、身体の中を満たして指尖の先まで意識を伸ばしておく

お互いが同調したところから、自分の内部が落ちる動きを反映させることで相手だけを落とす

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/919-9a1192db

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】