HOME>呼吸動作研究会

重さの釣り合い

呼吸動作研究会 2018.09.23

今月の呼吸動作研究会は、K元さんが進行してくださいました。

椅子に座って足首を底背屈しながら、呼吸の通りを観察し、足首が決まる位置に足を置きました。
足底の体重が乗る一点を意識しながら、脚を回旋させ、ちょうど良い姿勢に近付けました。
それから、坐骨の幅で重心を左右に移動して中央に寄せられるように、センタリングしました。
身体の傾きと共に内部の水が片寄り、重さの釣り合いが移り変わっていく様子を感じられました。
さらに、腕を天に向かって伸ばして肋骨を引き上げ、下肢が浮くバランスを観察しました。
重みを一側に寄せて弛めたとき、対側の脚を吊ってブラブラできるかを検証しました。
浮かせる側の動きだけでなく、条件が揃えば、支えている側とのバランスで自然に浮き上がることを体験しました。
同様に、前後のセンタリングでも、臀部や両脚を浮かせたりして重心移動によって起こる全体の動きを観察しました。
途中、足趾の先端や踵の真ん中を柱の角に当て、吸って弛めて吐く動きに合わせて一本ずつ感覚を確かめました。
足の前後の幅の感覚を高めることで、動きの精度が変わることを実感できました。

後半はグループに分かれて、施術の練習会を行ないました。
前半の内容を踏まえ、下肢からの繋がりを観て、身体のバランスを整えていきました。
下腿部の捻れや足首の傾きが整う方向に向かうと、呼吸や動作が改善することを検証できました。

参加された皆様、今月も多くの学びをありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/926-5e8ded94

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】