HOME>日記

感謝観劇

今日は、奈良市にある音声館で行なわれた「即興劇団 一陣の風」による『ラブラプソディ vol.1 -指輪のゆくえ-』を観に行きました。
「一陣の風」の座長を務めておられるOTさんは、私が柔道整復の専門学校に通っていたときの同級生で、在学中は色々な面でお世話になりました。
以前にもOTさんに声を掛けて頂いて、「一陣の風」の劇を観に行ったことがあります。
前回の演目は『Romeo and Juliet』で、日本語版と英語版という二本立てを、楽しく観させて頂いたことを覚えています。
今回は、二人の男女、机と二脚の椅子という舞台設定や、「指輪」という共通のテーマの中で、全く異なる三通りのストーリーが展開されました。
脚本や演出、また、キャストの皆様の演技が素晴らしく、いずれの作品も完成度の高いものでした。

『つわぶき』
月日の経過を、暗転を使わずに出演者の出入りによって表現する演出が見事で、最初から最後まで緊張感が途切れることなく引き込まれました。
会話やストーリーに含まれる伏線が丁寧に回収され、また、途中の悲劇的な展開も最後は丸く収まり、とても後味の良い劇でした。

『Vegetarian Lovers』
とにかく男性の台詞回しや演技が面白く、のっけから思わず笑ってしまうシーンが沢山ありました。
全く性格の違う女性との掛け合いも巧みで、二人の関係の変化を最後まで楽しく観ることが出来ました。

『Grounds for』
なかなかシリアスな展開で、最後まで女性の真意が分からないため、ハラハラしながら観ていました。
最終的には、相手を気遣うどちらの考え方も理解でき、思い切り感情移入してしまいました。

OTさん、および劇団員の皆様、今日はありがとうございました。
素晴らしい公演を観させて頂き、また、公演後は奈良駅周辺を散策し、おかげさまで楽しい休日を過ごすことが出来ました。
勤労の中での精力的な活動に、心からの感謝を申し上げます。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/93-9476242a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】