HOME>呼吸動作研究会

締まって吸い上がる条件

呼吸動作研究会 2018.11.25

今月の研究会は、KMさんが進行してくださいました。

台の上に竹踏みを置き、その上に片側のふくらはぎを乗せて呼吸の伝わりを観察しました。
呼吸に伴う中心のバランスの変化が波及し、脚にも皮膚がずれる動きが広がっていきました。
下腿部の当てる位置や膝の曲がる角度、膝と足首のラインなど、条件が揃うと伝わり方が変わり、ポジショニングの大切さを学びました。
それから、大腿中央を帯で縛って両脚を竹踏みに乗せ、呼吸で張りながら中心から動きました。
張りをキープしたまま骨盤を傾けることで、脚をどの方向にもコントロールできました。
脚を下ろしてみると、下肢から体幹へと経路が通り、繋がって動ける状態を感じられました。

側臥位で大転子の上に腕を乗せて、呼吸に伴う骨盤の動きを確認しました。
大転子が向かっていく方向や弛んでいく方向にもアンバランスがあり、骨盤が均等に広がっていないことを自覚できました。
時計盤のように大転子が内側から膨らむ向きを順番に変えて行き、反対側の大転子に落として中央に近付けました。
弛めることで自然に股関節が寄り、吸うことで更に芯が締まって張りが生まれることを感じられました。
立位でも、呼吸と共に足の裏が寄って畳との間の弛みが取れ、身体を巡って再び弛んでいく流れを感じられました。
呼吸によって中央が締まって吸い上がっていく前提条件を、繊細に観ていく大切さを実感しました。

前半が終わってから、会員の皆様に来月のテーマを相談しました。
「立つ」ということ、「頚を伸ばす」とは?、脊柱の自然なカーブといった、お題を頂きました。
それらは私自身の課題でもあり、来月までに検証してメニューを考えておきます。

進行してくださいましたKMさん、会員の皆様、今月もありがとうございました。
来月も、よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/942-6a7d58c7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】