HOME>呼吸動作研究会

背骨のカーブと頭の位置

呼吸動作研究会 2018.12.23

今月の研究会は、私が進行させて頂きました。
先月、「立つ」とは?、「頚を伸ばす」とは?、「脊柱の自然なカーブ」とは?というお題を頂き、それを元にメニューを考えました。

最初に、椅子に座って股関節の動きやすさを基準に、脚の置き方をチェックしました。
それから、腰や背中や首など場所を移しながら反ったり丸めたりしてもらいました。
最初の姿勢も前屈の動きも各々で違い、それぞれ動きやすい場所と動きにくい場所があることを確認してもらいました。
四つん這いで、仙骨と後頭骨を連動させて反る丸める動きをしたり、着いている手や脚で弛みを取り骨盤時計をしました。
また、ハイハイをしながら、手と足を同側で出した場合と逆側で出した場合の背骨の動きの違いを検証しました。
再び坐位に戻り、骨盤を前後左右に揺らしたり、殿部で丸を書いたりと、頭の位置と重心の関係を確認しました。
膝の裏に手を掛けて片脚をブラブラさせ、足の裏で竹踏みの凸を一つずつ撫でるように揺らしてもらいました。
掛ける手を内縛にしたほうが、軸が立って頚が伸びやすいという助言を頂きました。
立位で竹踏みに足を乗せ、足首や膝や股関節の動きを確認しながら重心移動をしてもらいました。
それから、立位で足底の重心を大きく移し、それを徐々に小さくしていくことで、立っている時のバランスの変化を観察してもらいました。

進行する中で皆様の身体の変化を観ることができ、レッスン後には貴重な感想も頂けて、とても有り難い体験ができました。
参加された皆様、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/951-e6b271e2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】