HOME>呼吸法中心塾

触れる度に弛める

バランス☆運動療法初級 2019.01.12

K野先生が男子部のメンバーを整えてくださり、その後、私も施術をさせて頂きました。

側臥位で寝て頂き、骨盤からアプローチしました。
右手側と左手側で、第五腰椎が決まる位置と下肢と繋がる位置に、それぞれ近付けて弛みを取りました。
相手に触れる度に弛めて吸ってまた弛めて、常に自由に動ける状態にしておく大切さを教えて頂きました。
自分の腰を入れて軸を立ち上げ、肩甲骨を寄せたまま腕を脱力して、骨盤から動きました。
手を馴染ませながら浮かせて、両手の中心に生まれた点を揺らしました。
相手の全体が感じられる状態にあると、内部の動いている様子や滞っている場所が伝わるようになりました。
固まっている所が、どこからの影響が大きいか、力の伝わり方を診ながら確かめました。
その両方が行き来できるバランスに導いて、相手の身体に起きる流れを待ち、それに付いていきました。
新たなバランスで呼吸が通るようになると、ロックが外れたように揺れるようになりました。

学ばせて頂いたことを心掛け、今後の臨床に活かしていきます。
K野先生、参加された皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/954-0d17f61b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】